参加より主催

いろんなものに、
参加してみよう。

きっと、
出会いや学びがあるはず。

でも、
もっと増やすには
参加ではなく、主催してみよう。

苦労は倍かかるが
そこでの出会いや学びは
10倍になる。

お金を払って参加するのであれば
お金を払ってでも主催してみよう。

魔法の質問
「何を主催しますか?」

自分の言葉

自分の言葉を
持っているだろうか。

本に書いているのは
誰かの言葉。

その言葉を
そのまま使うのではなく

自分の経験から生み出した
自分だけの言葉を
つくってみよう。

言葉の奥には
オリジナルの想いがある。

言葉の奥には
想像を絶する経験がある。

それがあって、
はじめて、一言が生まれる。

魔法の質問
「あなたの言葉は何ですか?」

そこにいく

そこに行かないと
見れないもの。

そこに行かないと
体験できないもの。

それに価値がある。

今では、
たくさんのことを
家にいながらにして、
見れたり、疑似体験できたりする。

だからこそ、
実際に、体験しに行こう。
わざわざ
でかけてみよう。

体験してようやく、
そこでしか
得られないものがわかる。

魔法の質問
「何を実際に体験したいですか?」

5%変えてみる

毎日
同じことを繰り返そう。

その積み重ねが
力を身につける。

でも、
同じことを
繰り返していると
苦痛になってくる。

そんな時は
5%でいいから、
内容を変えてみよう。

変えすぎても
つづかなくなる。

少しだけ
変えて取り組むことで
楽しめるようになっていく。

魔法の質問
「5%何を変えますか?」

好きと嫌い

好きなことをしよう
ということは
好きなことをするだけの意味ではない。

好きなことをすると同時に
嫌いなことを
やめるということ。

あなたは
何をやめてみたいだろう。

好きなことに夢中な人は
嫌いなことをする時間はないのだから。

魔法の質問
「嫌いなことの何をやめますか?」

いくつになっても

いくつになっても
チャレンジはし続けたい。

年令を重ねるにつれ
今までと同じことを
繰り返すことが
楽になってしまう。

楽をすることは
成長を止めること。

成長しつづけ
変化し続け
いつも新しい自分でいよう。

魔法の質問
「次のチャレンジは何ですか?」

ズレを無くす

今までやってきたことを
続けてみる。

でも
ただ
続けることだけがいいことではなく
今の自分にあったことを
続けることが大事。

自分は常に変化している
いや
成長している。

そんな変化を日々繰り返しているうちに
していることと
自分の心に
ギャップが生まれてくる。

そのギャップを埋めるように
微調整をして
続けてみよう。

魔法の質問
「している事と自分は、あっていますか?」

インタビュー

聞きたいことを
聞きたい人に聞く。

シンプルだけど
これが
人生のスパイラルを上昇させるコツ。

魅力的な人
ちょっと先をいっている人
魅力的な人
尊敬する人。

そんな人たちの
話を聞いてみよう。

魔法の質問
「誰にどんな話をききたいですか?」

違うスピード

いつもと違う
スピードで
動いていみよう。

ゆっくりな人は
速く。

速い人は
ゆっくりと。

見えるものも違えば
感じ方も違ってくる。

今日は
スピードを変えて
動いてみよう。

魔法の質問
「どんなスピードに変えますか?」

アウトプット

アウトプットを
どのくらいしているだろう。

学ぶことが楽しい、
そう思っているとしても

学ぶは
インプットだけではなく
アウトプットもセット。

いかに自分の中に取り入れ
いかに自分の外にだすか。

出すときには
自分なりに料理した形で
だしてみよう。

きっと
あなたなりの味がつくはず。

魔法の質問
「何をアウトプットしますか?」