整え伝える

想いを伝えてみよう。

でも、
その前に
想いを整えてみよう。

そのまま伝えても
伝わらないこともある
逆に
伝えようとすることではなく
誤解して伝わってしまうこともある。

整え
整理し
伝えよう。

魔法の質問
「整えるために、何をしますか?」

みんなの答え

  1. 心静めて、一番いいたいこと エッセンスを紙に書く

  2. まずは頭に浮かんだことを紙に書き出す。
    次に、書き出したものから、ホントに伝えたいことを整理する。
    何をなぜつたえたいのか、伝えるにはとうつたえれば、相手に響くのかを相手の立場に考える。

  3. 何か大切なことを伝えたいときは場の空気を整えてみる。

  4. 伝えたい想いを書いてみる。その中の言葉は私の中でどういう意味なのか思いなのかを問う。

  5. 本当に伝えたいことを
    一つに絞ること

  6. 深呼吸 間をあける

  7. 整えるために何する?

    ノートに書き出す。
    マインドマップや図を
    書いてみる。
    キーワードを付箋に書き出し、
    並べてみる。
    日をおいてから、
    これらを再考する。

  8. 「整えるために、何をしますか?」

    整理してわかりやすくして感動を呼び起こすことができれば、伝えたいことが伝わる可能性が高くなります。
    そもそも、それは伝える価値があることか、伝えることで皆が幸せになれるのかを考えてから伝えないと、垂れ流しの一方通行になってしまう可能性が高いです。

  9. 「整えるために、何をしますか?」
    相手にわかりやすく伝えるために、
    自分が伝えることを明確に理解する。

  10. 深呼吸

  11. 伝えたいことを頭の中で繰り返して話してみる。
    次に相手の立場で伝えたいことを頭の中で聞いてみる

  12. 話す内容を整える。

    • 何を伝えたいのか、その結果どうなりたいのかを、一言で表してみる。

  13. 勢いで伝えない、分かってもらおうとしない、
    書き出してみる。

  14. 書き出して、頭の中と心を整えます。また書き出しの繰り返しです。

  15. まず、やらねばならぬことに手を付けます!

  16. 調べて書き出して自分にとって最適な言葉をさがしだす。

  17. 自分が伝いたい言葉を明確にする。
    そして話す言葉をシンプルに整理する。

  18. 頭で考えるとごちゃごちゃするので、紙に書き出す。どんな事柄があって、どんな気持ちになっていて、どうしてほしいのか、を明確にし、いつ、どのように伝えるのかまで考えます。

  19. 想いを伝えるのは、
    自分の、我を通す喋りをしない。
    そうすれば、相手も受け入れくれるはず

  20. 視覚化してみる。

    図でも、メモでも。

    でも、普段そのまま伝えてしまいがちでした。

    ありがとうございます

  21. 頭の中、メモにおこすなど、うまく伝えられそうにないときは前もって整理してみる。

  22. 想いを伝えてみよう。

    でも、
    その前に
    想いを整えてみよう。

    そのまま伝えても
    伝わらないこともある
    逆に
    伝えようとすることではなく
    誤解して伝わってしまうこともある。

    整え
    整理し
    伝えよう。

    魔法の質問
    「整えるために、何をしますか?」

    →自分自身の想い、気持ちに耳を傾ける
    感じていることを書き出す、伝える

    無茶をしない

    今日もありがとうございます^ ^

  23. 気持ちに素直になる。自分をよく知る。相手を想う。

    • 紙に書き出す。

魔法の質問に答えてみよう。