スペースを空ける

息が浅い時は、
吐いて、
吐いて、
全てだそう。

足りないと想った時に
吸い込んでも
少しの量しか入らない。

でも、
吐ききれば
すべて出せば、
スペースが空く。

そのスペースに
エネルギーを入れる。

場所がないところには
何を入れても
入らない。

魔法の質問
「吐ききっていますか?」

みんなの答え

  1. うるさい、いろいろいうなぁ。バカ〜
    いうだけですっ切り。毎日、はいていこう。

  2. 呼吸を意識するようにしています。
    不安になったとき、心配になったとき
    落ち着きたいときには深呼吸します。
    時間があれば瞑想も

    タイトルと内容が想像と違っていました。
    この内容でよかったです。

  3. 捨てることと理解します。日々努力して捨てるようにしてます

  4. 取り込むことばかり!

  5. やってみます。

  6. まだまだ吐ききっていないです。

  7. 「吐ききっていますか?
    吐き切り出し切れば取り込むためのスペースができます。
    出し惜しみせず出し切ることを心がけています。

  8. ため込んでばかりいましたが、
    吐くことを 意識すると
    頭の中も 心の中もスッキリします。

    吐くことができる様になり
    ほんと 良かったです。

  9. 吐ききっていない気がします。
    吐ききってみます。

  10. 意識しないと吐ききっていないときがあります。

    心ここにあらずのときかな。

  11. その都度吐いて、溜め込まないようにしてます。
    なので、ある程度のスペースは空けているつもり。

  12. 心がざわつく時や仕事に出かける前に吐くことをしています。

  13. 吐ききるときは、力を入れないで、出るにまかせます。

  14. 吐くことに 意識を向けて
    長い息を吐く。

    辛い時、 悲しい時、苦しい時は
    つい、力が入る。
    身構えてしまう。

    長い息は 身体を緩める。
    筋肉もほぐれる。

    氣功の先生は
    いつも
    身体を緩めることを意識させて下さる。

    力を入れることより、
    力を抜くことの方が数倍も
    難しい。

    心と身体は繋がっている。
    心も身体も
    深呼吸をして緩めていこう。

  15. 今朝、下鴨神社で武道家の先生から呼吸法を伝授。
    まさに吐ききることを強調された。
    納得。

  16. 息が浅い時は、
    吐いて、
    吐いて、
    全てだそう。

    足りないと想った時に
    吸い込んでも
    少しの量しか入らない。

    でも、
    吐ききれば
    すべて出せば、
    スペースが空く。

    そのスペースに
    エネルギーを入れる。

    場所がないところには
    何を入れても
    入らない。

    魔法の質問
    「吐ききっていますか?」

    →イヤなこととか困っている事も含めた素直な想いを出せるようになってきました。

    呼吸は浅いと思うので、深い呼吸をすることを意識して行こうと感じました。

    それと、心も身の回りも
    スペースをできる限り空けていこうとも思います

    今日もありがとうございます^ ^

  17. 無意識だと吸う(増やす・足す)方が多くなってしまう。
    吐く(減らす・手放す)意識しよう。

魔法の質問に答えてみよう。