うん、そうだね。

自分の思い通りに
人が動いてくれたら
どんなに楽だろう。

でも、
そんな風に
うまくはいかない。

相手に寄り添い
相手の話を聞き

うん、そうだね。
と、共感してこそ
関係性がつくられる。

相手を尊重して
いいチームをつくっていこう。

魔法の質問
「共感するために、何をしますか?」

”いいなと思ったらシェアお願いします”

みんなの答え

  1. 林崎正恵 より:

    話を聞きながら、呼吸を合わせる。息を合わせるっていうぐらいなので、相手と90度の角度で座り、吐いて〜吸って〜をそれとなく合わせるる。その上で、話をきいて、「そうか〜、そうなんだ」と言う。

  2. シロ より:

    その話をしてくれている方の、立場だったら。経験だったら。普段選んでいる言葉の方向性だったら。こんな気持ちなのかな、と想像して、でも『~だったね』ではなく『~だったんじゃないですか?』と自分の想像で決めつけない聴き方を心がけます。

  3. しらりし より:

    自分の状態をよくしておく
    そのために毎日瞑想しています

  4. mik より:

    相手の話をよく聞く、理解する。知らない事は拒否反応せず、調べてよくわかってから判断する

  5. K K より:

    自分が枯渇すれば成立しない。共感。
    ゆっくり時間をとって、まずは自分が日々の出来事に共感する事を増やす事。感度を大事にする。

  6. 荒木弓佳 より:

    自分が、自然の一部になる。
    人の手を加えていない状態を感じ、ただ受け止める。
    草木が、そうしてくれているように。

  7. piroko より:

    自分自身を整える。相手の話に共感するための余裕を作る。
    一人一人の発言に向き合う、プライベート・背景まで話をじっくり聞く。

  8. 大輪弓子 より:

    自分と共感できる何かを探り、そこでお互いの呼吸?を整えてから 相手が望んでいること嬉しいことを聞く。そこに こちらの望みとリンクできることはないか探してみる。

  9. かな より:

    まさに今日の気持ちにぴったりの質問。
    私なら「どうしたい?どうしたら安心できる?」って言われたいかな。
    職場の改善が先なのに、こちらに要望 要求はエゴの何者でもないと受け取ってしまう。状況の変化を望んでいますが、変化ないままの要求はパワハラと感じてしまいます

    • ノンチ より:

      うん、そうだね
      私もこんな感じだね
      「どうしたい? どうしたら安心出来る?」と聞かれたい。

      ごちゃごちゃいらない。

  10. なお より:

    相手を尊重する、言葉では簡単なように見えてとても難しいと思う。先ずは共感から。そしてその前に、自分をオープンにして整えておくこと。これを意識していく。

  11. Mihoho より:

    一緒にやってみる。
    その人の世界に入ってみる。
    見守ったり、いろんな事を素直に聞いてみたりしてもいいかも知れない。
    相手の世界を邪魔しないように…。

  12. maya より:

    どうしてそう思ったのと聞いてほしい

  13. 西村慧 より:

    色メガネを外してみる。素直にそのままを受け取る。

  14. さほ より:

    相手の言葉を肯定する。

  15. オペラ より:

    自分のことばかりわかってもらおうとせずに相手の
    事を共感してあげることが大事ですね。

  16. miyuki より:

    まずは自分の価値観や信念などのフィルターを外して、相手の話をじっくりと聞いてみます。
    そして、その感情を感じてみます。

  17. 組長 より:

    相手の話をじっくりと聞いてみます。
    そして、その感情を感じてみます。

  18. トマトちゃん より:

    相手の思いにフォーカスする

  19. やまちか より:

    まずは相手の話をよく聴き、相手の話によく似た経験を想いだしたり、
    自分がもし相手と同じ立場だったらどう感じるか?を想像し、
    過去の経験で感じた感情もしくは、想像した感情の中から、
    相手と共通する感情を自身も湧き上がらせ、
    ほんとにそうだよねー、ほんとにわかるよー、そういう気持ちになるよねー、
    という想いを伝える。

  20. 問塾生はま より:

    自分を充分感じて満たしたいです

  21. かおり より:

    まず、自分自身を中庸に保ち、判断しないで相手と対話する。相手はそう感じているんだという点にだけ集中する。

魔法の質問に答えてみよう。

あなたの答え

CAPTCHA