« 波に乗るには | TOP | 1000年目標 »

今日の魔法の質問

職場で使える質問
ここからの情報は確か

ここからの情報は確か

ここからの情報は確か。

というのは、
今の時代あまりないかもしれない。

みんなが使っているから
間違いはないはず。

有名だから、
間違っているはずがない。

そんな想いがあるとすれば
捨ててしまおう。

知りたいことがあれば
3つくらいのアプローチから
捉えてみたい。

そして真実を決めるのは
誰でもなく、あなただ。
 

【今日の魔法の質問】
「あなたは、どんなアプローチで真実にたどり着きますか?」

ここからの情報は確か #mahoq

これまでのコメント記入欄はこちらから

facebookをご利用の方は以下からコメントできます☆

 

 

 

------

みなさんから届いた答え(37名の方が答えています)

kikkoさんの答え 2009年8月 5日 19:50

ほんと!
3人位に聞かないと、わからないですね!
感じ方は、色々だから。
一度失敗すると、分かりますね。 コマーシャルやってるから、大丈夫 って言うのにも、2度程 失敗してます!(一つは今もコマやってます)
段々、疑い深くなりますね。

------

青木花恋さんの答え 2009年8月 5日 20:31


とことん調べまくりますね。
人なんて信用できませんから、今の時代。 自分自身、本やインターネットを参考とするのが好きなので。 テレビや新聞は、儲ける為に、偽りを流すので、あまり参考になりません。

------

アリチャンさんの答え 2009年8月 5日 21:23

真実にたどりつくために、 うのみにしない。疑ってみる。
いろいろ調べる。本もインターネットも。
ほかの人の意見も聞く。 最終的に、自分の直感に聞きます。

------

tomomiさんの答え 2009年8月 5日 21:48

心に響く感動できるものかどうか、
腑に落ちる感覚になるかどうか、
そこが私なりのポイントです。
その感覚を得たものについては、
色々と調べて、最後はやっぱり自分で決めます。

------

ぴーこっくさんの答え 2009年8月 5日 22:00

知りたいことがあると、とことん調べます。
(自分が納得するまで!!)人に聞くことも有るけど・・やっぱり、自分の心の中で感じることを大切にしたどり着いていると思います。

------

キッコリーの体験日記さんの答え 2009年8月 5日 22:05

1.情報の専門化の友達に聞く。2.誰が何の目的で情報を出しているのか考える(出どころや得してる人などをネットで調査)。3.今の自分に必要かを考えて判断する。

------

みつさんの答え 2009年8月 5日 23:14

「真実を決めるのは/誰でもなく、あなただ。」って言葉、すごいな。
結局、真実って、人によって違うのかも。
例えば、花屋のショーウィンドウに飾られたあざやかな花が好きな人もいれば、野に咲くそんなに目立たない花が大好きって人もいるもんね。人が求めているものって、それぞれ違うんだろうな。(一生懸命咲いている花は、きっと誰かが恋するね。)
真実を求め続けるなら、不思議と、必ず導かれていくっていうのが僕の実感です。

------

あさひ。さんの答え 2009年8月 6日 01:21

まず、感情の混じった情報は却下します。ねじ曲がってる可能性大!
次に、その情報には裏がある、と仮定して探りを入れます。プラスの面ばかり強調して、マイナスの面は一切見せない、というやり口はけっこう多いですもんね。頼れるのは、利害に関係しない第三者からの情報。知り合いとかなら、よっぽど嫌われてない限り(!)有益な情報をくれるでしょう。
そうやって最終的に「これでウソだったらまあしゃあないか」と思えるところまで来たら、とりあえず信じてみます。
どんなに疑っても、結局はどっかで腹を括んなきゃいけないですもんねぇ。最近は大手企業の広告なんかもけっこうな曲者だったりしますけど…。

------

よっちゃんさんの答え 2009年8月 6日 04:11

自分の直感で、その情報がピンとくるか
篩いにかけます。
その後、自分で客観的にその情報を把握し、
今の自分に必要な情報か考えます。
そして、本、インターネット、メディアなどの
情報を加味し、さらに篩いにかけます。
その情報の専門家やすでに経験している人が
いればその人に意見を聞いてみる。
そんなプロセスを辿ります。

------

まさとんぼさんの答え 2009年8月 6日 05:24

聞いて、行動して、うなづいて(結果に対して)。私はこの法則で何事も乗り越えてきました。知識を教養することで見えてきます。イエス。

------

takaさんの答え 2009年8月 6日 06:11

ネットで調べ、信頼の置ける人に訊く。そして自分で判断する。自分の中に確かな想いがあれば、必ず最後には真実にたどりつくはず、と思ってます!

------

すえぞーさんの答え 2009年8月 6日 07:03

信じるな、疑うな、確かめろ。
あるセミナーで言われたこの一言がかなり強烈に意識に刷り込まれています。 ある程度の事前情報はネットなどで入手して把握しておき、まず「やってみる」。
で、さらに引き続きネットや他の情報源から情報を見ながらやって確信を持つ。 机上論で完結せず、必ず実践・行動して結果をだす。
そういった実学、実証主義でいることがもっとも真実に近い情報を得られるのだろうと思います。
というか、そうやっています。

------

せーちゃんさんの答え 2009年8月 6日 07:12

直感、出どころ、信頼ある人に聞きますo(^o^)o

------

白鳥マリンさんの答え 2009年8月 6日 08:01

直感ですね。
必要な情報がやってくる。

------

うらちゃんさんの答え 2009年8月 6日 08:51

自分の感覚を信じます。 間違ったら、またその感覚の修正をする。 そしたら、正しい情報が比較的に自分のアンテナに引っ掛かりやすくなっている気がします。

------

キミマロさんの答え 2009年8月 6日 08:57

まずよく聴きます
そしてインターネットなどで調べます
必要によっては信頼できる人に聞きます
そして自分に必要であればやってみます
結果
聴いた通りであれば
それが真実なのだと思います

------

魔法の質問読者(匿名)さんの答え 2009年8月 6日 09:11

周囲の方、状況、環境をみる。
自分で実施してみる。
あやしいなとおもったら、避ける。
かなり正しいとおもったらもっと深く調べる。

------

e*couleurさんの答え 2009年8月 6日 09:46

全てのフィルターをとっぱらって自分の心(宇宙)に問いかけます♪

------

ぽっぽさんの答え 2009年8月 6日 09:50

 情報のバックグラウンドを出来るだけ知ることにしています。  会える人なら、あってその人の触感を感じる。声の奥の声を聞く。  売っているものには全て、ケガレがついているので、それを感じるようにつとめます。
 手作りのものは、暖かみを感じますね。   なんだ〜  直観じゃないか〜  欲しいものがあると人は騙されます。だから、無欲で判断できるといいのでしょうね。

------

Debchinさんの答え 2009年8月 6日 10:28

クチコミの情報、それも良い批評と、悪い批評を見比べます。
それから、少しでも中身が見られるものなら、自分の目で見てみます。
最後は、自分の感性、直感ですね。
(っていうか、これが一番大きいです(^_^;)。)

------

らーくさんの答え 2009年8月 6日 12:27

インターネットでじっくり探ります。 でも、一番手っ取り早いのは触れることですね!

------

みひぃさんの答え 2009年8月 6日 22:05

探す、調べる。でも、最終的には直感です。

------

安左ェ門さんの答え 2009年8月 7日 11:02

いろんな方のお話を聞きます。
人を信じたい。

------

なでしこさんの答え 2009年8月 7日 18:21

一つの事柄を決めるのに、情報を何個か必要とするときあるし、直感で決めてしまうこともあります。

------

☆とりうこうじ☆さんの答え 2009年8月 8日 01:45

五感で感じること。

------

うみのみちさんの答え 2009年8月 9日 01:45

・・・真実 って なんなんでしょうねぇ・・・ いつ だれが どんな意図で出した情報かを勘案して
複数の視点から考察検証することも、
直感で捉えることも、
信じたい事を信じることも、
アプローチとしては アリ なのでしょうね。

------

由美さんの答え 2009年8月 9日 18:31

そうですね・・・ 私の場合はネットなどで調べてみても
結局友人知人のアドバイスに従うことが多いですね。
これはさかのぼって書いていますがPCが入院したのですが電話帳で調べて修理やさんに5件くらい電話しました。
一番対応がいいところに決めました。
ひとと人のつながりはいつになっても消えないですよ。

------

ウォルトさんの答え 2009年8月10日 08:23

情報源の人に直接会って話を聞いたり、場所に足を運んで確かめるのが理想。
会ったり行ったりできない時は、価値観を共有している仲間に聞きます。

------

ヒューさんの答え 2009年8月10日 15:10

・直感
・信頼できる複数の人の意見
・自分の価値観と使命

------

IMAITAKAYUKIさんの答え 2009年8月10日 17:36

7つのフレームワーク力を身につけよう

------

まるさんの答え 2009年8月23日 21:32

結局、自分が信じたいことを信じるんだと思う。
意識して、しっかり目と心を開いていよう。

------

ちいさんの答え 2009年12月 6日 21:25

まずは、自分がなぜ興味をもったか
とことん考えてみる。
そして、不純な動機でないかを問う。

------

よしくんさんの答え 2010年2月12日 07:02

真実にたどり着いているのかどうか判りませんが、情報の発信者の立場と意図を探ることと、善意の人の意見であっても、100%は信じないこと。ですね。

------

峰子さんの答え 2010年4月26日 11:39

場所や物事についてなら、
そこにいったことがある人に聞いたり
見たり使ったりしたことがある人の
意見をまず聞いてみます。 ネット上のクチコミも調べます。 最後は直感と自分での体験。 評判の医者に見てもらいましたが
私には合いませんでした。 私にとっては
「あの先生は患者の疑問に答えない」が
真実となりました。

------

ペーターさんの答え 2010年6月16日 10:40

ネットなどのメディアで調べる。他の人に話してみる。

------

たまちゃんさんの答え 2012年6月15日 16:19

【今日の魔法の質問】
「あなたは、どんなアプローチで真実にたどり着きますか?」
人に聞く
インターネットで調べる
本で調べる
934/1000

------

tsutomuさんの答え 2016年5月11日 06:43

ネット情報、仲間の意見、あとは自分を信じて。

------

 

これまでのコメントは以下から





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

ここからの情報は確か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shitsumon.jp/mt/mt-tb.cgi/2200

« 波に乗るには | TOP | 1000年目標 »
今、あなたに答えて欲しい魔法の質問決断

メールマガジン登録

メールマガジン登録

姓 名
メールアドレス
質問ライブ・セミナーのおしらせ

質問ライブ・セミナーのおしらせ

しつもんマーケティング

魔法の質問:認定講師養成講座

キッズインストラクター

問塾

魔法の質問認定パートナー

学校プロジェクト

ミヒログ

魔法の質問:学校プロジェクトミヒログ

しつもん仕事術

質問名言集

重要なのは質問するのをやめないことだ。

アルベルト・アインシュタイン

もっと読む

画日記

バンコクの本屋さんで

バンコクの本屋さんで

2012.09.27

やめる力:マツダミヒロ著

初めての人とでもスムーズに話せる質問力:マツダミヒロ著

著者による東日本大震災チャリティ企画

おすすめ商品

おすすめ商品

6つの魔法の質問でシアワセになる方法 魔法の質問Live! 質問で人生は変わる 人生を劇的に変える7つの法則
魔法の質問マンダラチャート

著書一覧

著書一覧

こころのエンジンに火をつける魔法の質問 こころのモヤモヤを解き放つ魔法の質問 質問で学ぶシンプルコーチング
本気で愛される人になる運命の質問 しあわせは、すぐ、近くにある。 やめる力
朝起き魔法の質問 しあわせをつくる自分探しの授業 初めての人とでもスムーズに話せる質問力―沈黙で気まずくならない53のポイント
マンガでわかるはじめてのコーチング 人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方/心の荷物をおろしてラクに生きる5つのルール 子どもが「やる気」になる質問―叱る前に問いかけると、こんなに変わる!
しつもん仕事術 しつもんマーケティング なぜ、ぼくはこんな生き方・働き方をしているのだろう