どんな顔

人には
いろんな側面がある。
それぞれの役割はあるけれど
それも含めて
そべてその人。
では、
あなたには、
どんな顔があるだろう。
 
役割ごとに
たくさんの顔をもっていることだろう。
それぞれの顔で
立場や行えることは
違うかもしれないけれど
どんな役割の時に
何ができるかを考えてみよう。
【今日の魔法の質問】
「あなたには、どんな顔がありますか?」

みんなの答え

  1. 昔子供によく言われたのが、
    『お母さんは電話をとると急にびっくりするほど別人になる』
    さっきまでガミガミ怒っていたのに
    受話器を取った瞬間『えっ?誰?』って思うほど高い声になるらしい・・・
    これは笑い話だが思ってみたら
    対する対象が変わると無意識に瞬時に別の顔に変身しているということになる。
    相手を見て、相手に合わせて口調がゆっくりになったり、またテンポよく話したりするときもある。
    その時その時の環境や状況によってもいろんな場面での経験を重ねながら自分の中で、色んな顔を製造しながら、適応力も日々高めてきていたんだなと気付く。
    そして、一人の時間を過ごす時は、
    全くのOFFモードに・・
    バランスも大事。
    今はどんな顔だろうか・・・
    質問の不思議世界では
    本来の自分の顔である気がする・・

  2. きっと・・・陰と陽。悪魔と天使。経営者とぷー太郎。娘と親。(親に対して)女性と人間。

魔法の質問に答えてみよう。